元気です!

今年は、ありすをお休みした期間もあったり
乗鞍のイベントも全て中止になったり
日本中 いや世界中で大変な世の中になってしまいましたが
元気にしています。

大変ご無沙汰をしてしまいました
元々、Blogの更新はほとんど出来ていなかったけれど
Blogを書けずにいました

でも触れずに 書かずに この先blogの更新 やっぱりできないかな~
って思って。

ラムが8月13日にお空へ逝ってしまいました。

どうしようもない悲しみと寂しさの毎日でした。

ラムが旅立った日の前日、お昼ゴハンをいつものように食べて、
いつもなら1-2時間もすれば何かを訴えて泣くのに、なぜかずっと寝たまま。

夕方6時くらいに腹時計が鳴って泣くのにそれも泣かず、
夜中12時過ぎてやっと目を開けたみたいで、遅い夜ゴハンを父さんが食べさせて、いつものように父さんがラムを抱っこして寝にいった。

自分の足で立てなくなり完全介護になって1年。

私は父さんよりも夜早く寝るようにしていて、最初父さんがラムと一緒に過ごし、寝て、夜中ラムが泣いたら今度は私にバトンタッチ。
父さんと私の睡眠時間は、3-4時間というのが習慣になっていた、この半年。

いつもなら夜中必ず私のところにやってくるラムが、この日は来なかった。

朝になって、父さん一人だけ起きてきて
「ラム、まだ寝てるんだ」と言い

私はいつものようにラムのエサをお湯でふやかして、いつ起きてもいいようにラムを待っていたのに
少しして、顔を洗いにいった父さん。

厨房に戻ってきて「ラムが死んじゃった」って言った。

覚悟はしていたけれど、突然過ぎてやっぱりオロオロ。

ラムは、少しだけ硬直が始まっていて、でもまだ温かかったから、
今のうちにいっぱいいっぱい抱っこしておきたくて、ずっと抱っこ。

その間、娘と携帯で連絡を取りながら。

元々、娘がトリミングの専門学校へ入学する際、教材犬としてやって来て
生後一ヶ月、その時から家族になったラム。

血統書に記してあるラムのオーナーは娘で、小さい頃からの夢が叶いトリマーになれたのは、ラムのおかげでもあるよね。

腕の中のラムは、とても穏やかな顔をしていて、目もいつものようにぼんやり遠くを見るように開いている、いつもと全然変わらないから、息をしていないことすら気付かなかったのもうなずけるかも。

きっと前日のお昼からずっと寝ていた時と同じように、深い眠りのまま苦しまずに逝けたんだろうな と、穏やかな顔を見て思ったし、そう思いたい。

抱っこしていたら、お尻が汚れてきたのでシャワーで綺麗に、顔のまわりも洗ってあげたら、あろうことか硬直がなくなってグッタリした感じになった。
まだ生きてるみたい。

目 開いているし、生きてるみたいに見える、まだ生きてるってことあるだろうか!と、ドキドキした。

そしたら、死んじゃった後は数時間で死後硬直が始まって半日くらいすると硬直が緩んでくる。
自然現象だね。
生きてて欲しいけど、穏やかで幸せそうな顔して死んでるよ。
と、娘からLINEがきた。

目は閉じない子の方が多いと思うからそのままで。
まだウンチとか出てくる可能性もあるけど、人間みたいに脱脂綿とか詰めたりせずに、拭いてあげるだけで大丈夫だよ って。

この日は宿が忙しくて、いつまでも抱っこしていられないのはわかっていたけれど、だってまだあったかいんだもん。
それでもずっとこうしていられるわけがなく、厨房でただただ涙しながら仕込みして。

もうとにかくこの日は泣いて泣いて泣きくれた一日。

若くて元気な頃は、ウサギのように飛んでいたラム。
ゴハンのあとは決まってすぐにウンチ。
私の横に来て顔を覗き込むように見てからワンワンと訴える。
お散歩したい時も、私の横に来てワンワンと吠える。
不思議とラムは私にはそう訴えるけど、父さんにはしなかった。
父さんには、ゴハンをねだる時だけ。
父さんの腕に前足をちょこんとかけて、すがるような目で「ちょうだい」って無言で訴える。
寝たきりになっても食欲だけはあって、腹時計が鳴れば泣く。
でもこれが元気のバロメーターだったから救われてたしすごく嬉しかった。
オシッコやウンチの時も必ず泣いて教えてくれるから抱っこして外へ連れて行き。
寝心地悪ければワンワン、寂しければクンクンと泣いて訴える。

車で出かけて乗鞍へ帰って来る時は、前川渡を曲がった瞬間から吠え始めて、看板16番を曲がった瞬間から更に声をあげて泣き、まるで「帰ってキタ!」って知らせるように。
窓の外の景色は見えていないのに、なんでわかるんだろうって、いつも不思議に思っていたけど、それは小さいころから寝たきりになってもずっと変わらずだった。

最近は、泣き過ぎると吐いたり痙攣を起こすことが多くなってきたけれど、亡くなる前日のお昼までは、そうやっていつもと変わらずだった。

介護はとても大変だったけれど、それでももっと一緒にいたかったょ。

この半年は、ラムを家に置いて留守なんてことは出来なかったから、
父さんと二人で出かける時は、ラムのベッド、オムツやおしっこシート、
ふやかしたエサ、水筒に水とコップ、お出かけグッズ一式を持って、一緒に連れて行ってた。

それは、もしかしたらラムの寿命を縮ませているかも、とも思ったけど、
心配でとても置いていけないし、いつ何が起きてもおかしくない状態だったし、
何よりも最期まで一緒にいたかったから。

私が買い物をしている間、父さんは車でラムとお留守番。

もうホントに、車の中でオシメ取り替えて、哺乳瓶でミルクをあげていた、子供たちを無我夢中で育てていたあの頃と一緒。
ここへきてまた、赤ちゃんを育てているような懐かしい感じ。

今年はコロナで大変な年になっちゃったけど、ラムとの時間をいっぱいもらえた気がする。
介護生活が始まってからお別れの日まで。
ほとんど一緒にいることができたから。

その瞬間も、ラムひとりじゃなくて、父さんが傍にいた。

夜中3時か4時ごろ、ふんふんと小さく泣いた時があって、父さんが撫でてやったらまた眠ったらしい。
あとで思えば、その時がその瞬間だったのかも知れない。

そして、ラムが逝ってしまった日の夕方、娘家族がラムに会いに来てくれて、言われて初めて気付いた。
歯がないから、いつも口の横から舌がペロッと出ていたラム。
それが、両脇どちらからか出ているはずの舌が出ていなかった。
最期ちゃんと自分で仕舞えたんだね。

目が開いて穏やかな顔をしているラムは、本当にまだ生きているようで、
お別れするのがこんなにツラいなんて、ずっと傍においてずっと見ていたいけど、そうはいかないもんね。

ラムが天国へ旅立った次の日は、ラムが大好きだったナポリタンをお昼ゴハンに作って、ラムの口にも少し・・・いつもとおなじ 口がケチャップ色に。

亡くなった次の日は、お盆時期なのに宿泊のお客さんがいなかった。
キャンセルが重なりゼロになって、そのあと一人だけ問い合わせがあったけど
申し訳ないと思いつつ断っちゃったんだ、と言った父さん、、、これもまたあとで思えば偶然なのか必然なのか。

ずっとラムのそばに居られたし、ずっと顔を見ていられたし、時間がゆっくりと流れる中、お別れする準備もできた、、、完全じゃないけど。
天国へ旅立ってから2日目、その ナポリタンと、父さんと朝よく一緒に食べていたソーセージと、娘が用意してくれたお花を添えて、娘家族と一緒にラムを送り出すことができました。

そして、小さな木の箱に入って
ラムは ありすに帰って来ました。

ラムが居なくなった今、一日過ごす中、いろいろな事がスムーズに運んで楽にはなったけれど、ちっともホッとしないし、楽しくないし、ただただ悲しくて、ただただ虚しい。

ラムがお空へ旅立ってしばらくは、思い出しては泣いての繰り返しでした。

でも、いつまでも悲しんでいたら、ラムは虹の橋を渡れないから少しずつ・・・

あれからもうすぐ4ヶ月、まだ思い出してはウルウル
blogを書きながら涙



長文になっちゃった&写真もいっぱいUPしちゃいますが

20050213ラム2ケ月半.jpg
20080920ラム3歳.jpg
20090125ラム4歳.jpg
20091215ラム5歳.jpg
20110204ラム6歳.jpg
20121026ラム7歳1.jpg
20121026ラム7歳2.jpg
20121127ラム7歳1.jpg
20140207ラム9歳.jpg
20140208ラム9歳.jpg
20140215ラム9歳4.jpg
20150615ラム10歳.jpg
20170628ラム12歳.jpg
20180812ラム13歳.jpg
20180101ラム13歳.jpg
20190630ラム14歳1.jpg
20200405ラム15歳.jpg
20200813ラム15歳没.jpg

16年間 ありがとう ラム。
そして、ラムちゃん元気?って、気にかけて下さっていた皆さま
ありがとうございました。

こんな悲しい思いをするのはもうイヤだし、ラムの代わりはいらない

けど、オーナーもありママも元気にしています

寝る前に「さラム寝るか」って
今でもオーナーは時々言っちゃうことはあるけれど
元気です


そして今年も ありすは冬支度の為、12/18 (金) まで お休みを頂いております。

が、相変わらずバタバタ、冬支度は結構忙しい

先日は、毎年恒例、野沢菜を漬けました

このところ、いろんなかたからいっぱいお野菜をいただき、その下処理で忙しい毎日を送っています。
お野菜がいっぱいあると、心が豊かになります
切り方を変えて、生のまま、あるいは火を通したり、冷蔵したり冷凍したり。

陸の孤島になっても、当分「食」には困らなさそう
大地と自然の恵みに感謝です

バタバタといえば、、ありすのホームページが先月突然見られなくなり
予約フォームから宿泊予約が出来ないというご指摘をいただき発覚

ご不便をおかけしておりましたが、ホームページのアドレスを変更いたしました

今も、見直しをしながら移行作業をしています。
写真やアイコンが見られなかったり、リンク先が旧ドメインのままで、
機能していないところがまだ沢山ありますが、大目に見てやって下さいまし
コツコツ気長に直します、宜しくお願い致します


🔷🔷🔷 重要なお知らせ 🔷🔷🔷

🔻ありすホームページのアドレスが変わりました
旧)http://norikura.cc/alice
新)http://www.p-alice.jp
ご不便をおかけしますが、宜しくお願い致します🙇‍♀️

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

ちい
2020年12月15日 19:35
こんばんは
お久しぶりです 気持玉見つけて嬉しかったです。
でも ラムちゃん……  天使になっちゃんですね。。。(T_T)
乗鞍のきれいな星空から お二人の事見ていると思いますよ。
今年は大変な年でしたけど 一緒にいる時間がたくさんあって
ラムちゃんは幸せだったと思います。
気の利いた事言えなくてごめんなさい。
寒波が来てますが 乗鞍の雪はどうですか
体調に気をつけて乗り切って下さい。

2020年12月16日 11:19
ちいさん!!
こちらこそ、またまたご無沙汰してしまって、、、
お久しぶりでございます(^^ゞ

いらして下さって嬉しい!ホント嬉しい!!!
ちいさんのお名前見て懐かしくて思わずウルウルしちゃいました。

blogを今でも更新されていて、ちいさんもとうちゃんもお元気なご様子にホッと。
気持ち玉ポチっとだけしてきちゃいました。

今年の冬は雪が多い予報だった はず なのに
11月は暖かく、12月に入っても降る気配なし。
暮らしやすいけど、やっぱりあるべきものが無いと困りますね。

きのうからようやく冬の景色になりました。
今日も吹雪いています~。

11月後半から12月になると、畑のこと、おウチでの手仕事、冬支度、吹きっさらしの風景 ちいさんどうしているかな~って、思いを馳せています。
ホントですょ。

ラムのこと、ありがとうございます。
今も思い出しては涙・・・
こんなことではラムも涙にくれちゃう と思っていても。
ダメですね~。
だけど、それでも元気にしています(^.^)/~~~
2020年12月31日 09:52
コロナだけでもキツいのに、もっとツラい別れがあったんですか…。
お悔やみ申し上げます。
ラムちゃんもありママさんやオーナー、娘さんにかわいがってもらえてしあわせなワンちゃんやったんじゃないかな。
ありママさんたちが元気にしてることが みんなの元気になるんやからネ。

厳しい年でしたけれど、来年はなんとか佳い年になりますように。
遠く京都から祈っております。
信号わたる~
2021年01月02日 15:29
10月にお邪魔したとき、ラムちゃんの姿が見えなかったので、
「元気?」って聞こうと思ったのだけれど、もしかしたらって
思って聞かなかったんです。
ラムちゃんが来てからずっと知っているから、私も悲しいです。

しかし、よく吠えられました。キッチンの戸をガリガリやりながら
ウゥーって。
その後はおとなしく、いっしょにまったりしましたよね~。
ごはん食べた直後にやってきて、顔舐められて、臭~(笑。

16年間ほんとうにありがとね。
2021年01月07日 21:51
◆◆おーちゃん◆◆

おーちゃん、ありがとうございます。
思い出しては悲しくて涙
けど、大丈夫!元気にしています。
けどけど、ずっとこの悲しみは癒えないんだろうな~っても思います。

おーちゃんにとっても、きっと大変な年だったのではないでしょうか。
みんなそれぞれ何かしら抱えながら、コロナ禍を過ごしているんですよね

一日も早く、心穏やかに過ごせる日がきますように。
2021年01月07日 22:05
◆◆信号わたる~さん◆◆

ラムは?って声をかけられていたら、ワタシ泣き出しちゃっていたと思います。
っつーか、今もね(^-^;
多分この先もずっとそうだと思うから、触れないでやってね( ;∀;)

ラムのこと、悲しんでくれてありがとうございますm(__)m
そしていつも気にかけてくれてありがとうございました。

今年はいっぱいお会いしたいですね。
今まさにとても心配な時だけど、今年こそは終息しますように。
2021年01月26日 19:02
こんばんは。
ご無沙汰してすいません。
そうでしたか・・・ラムちゃん、逝ってしまったんですね。
心からご冥福をお祈りいたします。
そして1年間の介護、お疲れ様でした。
ありママさんとは、やっぱりシンクロする場面が多いような気がします。
私も4月から、ブログは更新だけで、ご訪問は全く出来ませんでした。
年明けからやっと少しずつご訪問始めたところです。
というのも昨年の4月に私の父、ヤギのチャコ、
そして馬の菊が出産後に亡くなり、子馬を育てなければならず、
2時間おきのミルクを4ヶ月くらい続けていました。
大きな声では言えませんが、コロナのお陰で
ペットホテルが休業だったので、子馬育てに没頭出来たと思います。
ラムちゃんとの時間がこんな風に持てたのは、
神様からのご褒美だと思います。
幸せな犬生でしたね。
ありママさんが泣きながらブログを書かれているのが
伝わり、もらい泣きしました。
ラムちゃん、ありがとう。安らかに。
2021年01月28日 00:02
◆◆TAMOさん◆◆

なんと! そうだったんですね。
今、そのころの記事を探して、読んできました。
大切な人に会いにも行けず、最期も一緒に居られない、見送ることもできない 悲しく寂しい世の中になってしまって、本当にやるせないですね。
だけど、TAMOさんも私も、皮肉だけど、ある意味 とても濃くて幸せな時間を過ごせた。
TAMOさんとはずっとずっと前から、シンクロすることが多かったけれど、なんだか本当に不思議なご縁を感じます。
お父様、菊母さん、チャコちゃんのご冥福を心よりお祈りします。
もぅ、チャコちゃんの記事には涙ボロボロです。
TAMOさんは私なんかよりも、たくさんの命にかかわっているから、その分喜びも悲しみもいっぱいでしょう。
まだまだ悲しみは癒えず、いまだに思い出しては涙することが多いけど、お互い体に気を付けて またいつの日かお会いしましょうね。
TAMOさん、来てくれてありがとう。